特亜まとめサイト

韓国・中国・北朝鮮などのニュースをお届けします

1:2016/07/04(月)10:42:19 ID:
中国国防科技大学が30日に発表した情報によると、同校が独自に設計・開発し、
長征7号ロケットによって宇宙に打ち上げられた衛星「天源1号」軌道上燃料補給実験装置が、
微小重力条件下における流体管理と注入、高精度推進剤測量など9つの軌道上実験を完了した。
北京航天飛行制御センター(BACC)が受信したテレメータリング・デジタルデータによると、
中国初の軌道上における衛星への燃料補給実験が成功した。科技日報が伝えた。

続き 中国網
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2016-07/03/content_38801434.htm

【中国の衛星、宇宙空間での初の燃料補給実験に成功】の続きを読む

1:2016/07/02(土)23:52:27 ID:
 タイ軍事政権のプラウィット副首相兼国防相は1日、中国から通常動力型潜水艦3隻を
計約360億バーツ(約1000億円)で購入することを正式決定したと明らかにした。
昨年7月に購入計画が持ち上がったが、多額の予算投入に対する国内世論の反発を受け
決定を先送りしていた。首都バンコクで記者団の取材に答えた。

続き 産経ニュース/共同通信
http://www.sankei.com/world/news/160701/wor1607010045-n1.html

【タイ、中国潜水艦を購入 クーデター後接近際立つ】の続きを読む

1:2016/07/04(月) 17:51:12.50 ID:
7月4日 17時47分

スマートフォンで世界第3位の中国の「ファーウェイ」は、日本でパソコン事業に参入することを発表しました。
中国の大手通信機器メーカー、ファーウェイは、4日東京都内で会見を開き、日本で新たにパソコン事業に参入することを発表しました。

「2in1」と呼ばれるタブレット端末としても使えるノートパソコンを今月から販売します。この製品は、主にビジネスで使うことを想定し、指紋認証の機能を付けるなどセキュリティ対策を強化したのが特徴だということです。
この会社はことし2月、パソコン事業に参入していて、販売を始めるのはアメリカ、中国に続いて日本が3か国目となります。

調査会社のIDCによりますと、スマートフォンの普及などで日本のパソコン市場は、去年までの6年間で家庭向けが43%減少した一方、企業向けは29%の減少にとどまっていて、この会社では持ち運びが便利な製品などを開発すれば市場拡大の可能性があるとしています。

【スマートフォンで世界第3位の中国の「ファーウェイ」が日本参入】の続きを読む

1:2016/07/04(月) 10:33:36.52 ID:
★アリババ会長「中国のコピー商品は本物並み」発言が波紋
2016.07.02 07:00

「中国で作られるコピー商品は本物に負けない品質だ。しかも本物より安い」──これは中国の
電子商取引(EC)最大手のアリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長の発言だが、これに対して、
欧米のメディアやブランド業界から怒りのメッセージが多数寄せられている。

ただでさえ、アリババはネット通販でコピー商品を売りまくっているとの批判が後を絶たないところに、
創業者でカリスマ的な経営者である馬氏がその批判を認めるような発言をしてしまったからだ。

予想外の批判の嵐に、同社は慌てて「馬会長の発言は最近の発注者ブランドによる生産
(OEM)事業方式が変化しているという話にすぎない」としたうえで、「コピー商品根絶という
当社の方針は全く変わってない」と馬会長のトンデモ発言の火消しに大わらわだ。

この発言は6月14日に中国杭州市の同社本社で開催された投資家向け説明会で飛び出した。
馬氏はこう指摘した。

【アリババ会長「中国のコピー商品は本物並み」発言が波紋】の続きを読む

このページのトップヘ