特亜まとめサイト

韓国・中国・北朝鮮などのニュースをお届けします

1:2016/07/17(日) 17:34:53.25 ID:
2016年7月13日、韓国・文化日報によると、世界の主要国が低学歴の若者ニート(就業、就学、職業訓練のいずれもしていない人)に悩んでいる一方で、韓国は多過ぎる高学歴ニート問題に悩まされている。

13日、経済協力開発機構(OECD)の報告書によると、韓国の青年層ニートのうち、大卒以上の高学歴ニートの割合は2015年現在で42.5%に達する。

これは、OECD34カ国の平均(16.5%)より2.6倍も高い数字だという。デフォルト危険から抜け出せずにいるギリシャでも28.4%、長期的な景気停滞状態にある日本も21.7%で、韓国より低かった。

一方、韓国の青年層ニートのうち、高卒未満の低学歴ニートの割合は6.8%で、OECDの中で最も低かった。OECD34カ国の平均(36.1%)と比べても5分の1程度の水準だ。

【韓国の若者ニートだけに見られる特徴とは?】の続きを読む

1:2016/07/17(日) 17:13:21.38 ID:
ハングルばかりのソウルで漢字の看板が圧倒的な存在感を放つ。通りには、中国独特の香辛料の匂いが立ちこめ、屋台では中国の揚げ菓子が重なるように並んでいる。

なにやら話し込んでいる店の人も客も、そして往来する人々も、その間から聞こえてくるのは中国語ばかりだ。ソウルの中心部から電車でおよそ25分。地下鉄の大林(テリム)駅12番出口を出ると、異国の風景が広がった。

「ここでは不動産以外のほとんどの店は朝鮮族が経営している、朝鮮族のための店だよ」(大林洞にある不動産屋社長)

ソウル市永登浦区大林洞は韓国系中国人の「朝鮮族」が多く住む町として知られ、ここにある小学校では生徒のうち2人に1人が朝鮮族の子女といわれるほどだ。

町全体がまるで中国にいるかのような雰囲気で、観光化された韓国の他のチャイナタウンとは一線を画す。

【「朝鮮族」とはどこの人を指すのか? また韓国がおかしなことを言い始めるw】の続きを読む

1:2016/07/17(日) 14:55:24.81 ID:
ロシアと新潟を結ぶ日本海横断航路計画で使うフェリーの購入をめぐるトラブルで、子会社のナフジェイ・パナマに約1億6千万円の支払いを仲裁判断で命じられた県が筆頭株主の第3セクター、新潟国際海運(新潟市中央区)は15日開いた取締役会で子会社の破産手続きを始めることを決めた。

株主説明会も同区のホテル日航新潟で開き、了承を得た。

同社の五十嵐純夫社長は説明会後に記者会見し、子会社に支払い能力はないものの、今回の契約で債務保証はしておらず親会社として支援はしないと表明。

「子会社に資金を出せば株主の資金を毀損(きそん)し、賛同が得られない」と述べた。

【【法則】韓国企業との船舶契約トラブルの会社が破綻へ】の続きを読む

1:2016/07/17(日) 10:29:58.44 ID:
読者の意見:韓国の国家ブランド、なぜたびたび変えるのか

 ソウル市が昨年、新たなキャッチフレーズを発表したのは記憶に新しい。それまで使われていた李明博(イ・ミョンバク)市長時代の「ハイ・ソウル(Hi Seoul)」を取り下げ「アイ・ソウル・ユー(I.SEOUL.U)」のPRに乗り出したのだ。しかしこの「I.SEOUL.U」にも「典型的なコングリッシュ(Konglish)」「理解し難い」「恐ろしい選択」などさまざまな批判が相次いだ。

 世界の有名な都市にはどこもよく知られた愛称やキャッチフレーズがある。例えばニューヨークの「アイ・ラブ・ニューヨーク(I?NY)」は誰でも知っているだろうし、また「ビッグアップル」というニックネームもある。シカゴの「ウインディーシティー(Windy City)」、パリの「芸術の都」、サンフランシスコの「ラブシティー(Love City)」などの言葉も、聞けばすぐに都市名が思い浮かぶ言葉だ。しかしソウルは「ハイ・ソウル」で通じるだろうか。あるいは「アイ・ソウル・ユー」で通じるようになるだろうか。

 
【【朝鮮日報】おかしな韓国のキャッチフレーズを提案し、みんなからツッコミ満載w】の続きを読む

1:2016/07/17(日) 03:10:39.27 ID:

資料写真。

2016年7月13日、韓国・YTNテレビは、滋養食を食べる日とされる韓国版・土用の丑(うし)の日「伏日(ポンナル)」を前に、全国で犬泥棒が相次いでいると報じた。

伏日は毎年7?8月に3回あり、今年は7月17日が最初の伏日「初伏」に当たる。伏日には滋養食として犬肉料理を食べる習慣があることから、韓国では毎年この時期に一般家庭などから飼い犬が盗まれる事件が頻発するという。

【【韓国】韓国全土である”食材”が盗まれる事態が相次ぎ、注意を呼びかけ】の続きを読む

このページのトップヘ