特亜まとめサイト

韓国・中国・北朝鮮などのニュースをお届けします

    経済

    1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/28(月) 08:38:26.80 ID:CAP_USER.net
    26日午後3時20分ごろ、京畿道平沢(キョンギド・ピョンテク)で建設中だった平沢国際大橋(全長さ1.3キロメートル)の床板4枚(各60メートル)が突然崩れ落ちた。

    押出架設工法(陸上で床板を製作した後、既存の床板とつなげて機械で押し出す方法)で6枚目の床板を押し出した直後に事故が発生した。

    この事故による人命被害はなかったが、国道43号線 梧城(オソン)交差路〜新南(シンナム)交差路まで14キロ区間が全面通行止めになった。

    平沢市は2427億ウォン(約236億円)を投じて国際大橋を含む「平沢湖横断道路」事業を進めているところで、来年12月末竣工予定だった。

    http://japanese.joins.com/article/738/232738.html


    26日午後3時20分ごろ、京畿道平沢で建設中だった平沢国際大橋(全長さ1.3キロメートル)の床板4枚(各60メートル)が突然崩れ落ちた。
    【【韓国】建設中の橋床が崩壊…国道の一部が通行止めに=韓国・京畿道】の続きを読む

    1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/25(金) 11:16:21.27 ID:CAP_USER.net
    車のリアウインドウにハイビームが当たると幽霊の姿が浮かび上がる反射ステッカーを貼っていたドライバーが、警察に摘発された。

    釜山市・江西警察署は22日、32歳の容疑者を道路交通法違反の罪で即決審判に回付した。同署が25日に発表した。

    警察によると、この人物は昨年10月にインターネット上のショッピングモールで「ハイビーム仕返しステッカー」と呼ばれる商品を購入し、自分の車のリアウインドウに貼り付け、最近までおよそ10カ月にわたり運転していた疑いが持たれている。

    この反射ステッカーは、リアウインドウにハイビームが当たると幽霊の姿が浮かび上がるもので、一定の明るさではほとんど見えないという。

    容疑者は警察で「軽自動車なのでほかの車があまり譲ってくれず、無視される傾向があったので、幽霊ステッカーを貼った」と供述しているという。

    なお、容疑者は警察から出頭を求められた際、自ら反射ステッカーをはがしたとのことだ。

    ハ・ギョンミン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/25/2017082501218.html


    ▲写真=NEWSIS
    【【韓国】譲ってもらえない軽自動車、「ハイビーム仕返しステッカー」で摘発/釜山】の続きを読む

    1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/24(木) 17:40:43.56 ID:CAP_USER.net
    イランの投資・経済・技術援助機構と韓国の輸出入銀行エグジムバンクの間で、80億ユーロの資金を調達するファイナンス契約に調印しました。

    イルナー通信によりますと、この契約は、24日木曜、韓国の首都ソウルで、イラン投資・経済・技術援助機構のハザーイー長官と、エグジムバンクの頭取によって調印されました。

    この契約に基づき、エグジムバンクは、イランの様々なプロジェクトのために80億ユーロの資金を調査することになっています。

    ハザーイー長官はこの契約の調印式において、「この資金調達の実現は、両国の関係拡大に向けた重要な歩みである」と語りました。

    一方のエグジムバンクの頭取も、「今回の契約の実施は、共通の利益に基づいた両国の経済関係の拡大における重要な一歩だ」と述べました。

    http://parstoday.com/ja/news/iran-i34320
    【【国際】イランと韓国の間で、80億ユーロのファイナンス契約が締結 「両国の関係拡大に向けた重要な歩み」】の続きを読む

    1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 09:05:45.45 ID:CAP_USER.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国でコンビニが急速に増え、人口当たりの店舗数が日本を超えたことが8日、分かった。


    コンビニの大手3社(聯合ニュースTV提供)=(聯合ニュース)

     関連業界によると、昨年末時点での韓国のコンビニ店舗数(上位6社)は3万4376店舗となった。人口1491人当たり1店舗のコンビニがあることになる。

     今年3月末時点での日本のコンビニ店舗数は約5万6160店舗。人口2226人当たり1店舗となり、韓国が約1.5倍多い。

     韓国で初めてコンビニが出店されたのは1989年5月で、セブンイレブンがソウル市内に1号店を出した。その後コンビニは消費行動の変化により、デパートや大型スーパーなどの小売業の成長が鈍化する中、1〜2人世帯の増加や急速な高齢化などを背景に「一人勝ち」を続けている。

     7月末時点での店舗数はCUが1万1949店舗で最も多く、GS25が1万1911店舗、セブンイレブンが8944店舗、ミニストップ2401店舗、イーマート24が2247店舗となっている。

     一方で店舗数が急速に増えたことで、1店舗当たりの売り上げの減少や経営環境の悪化などの弊害も出ている。だが、業界では主なコンビニの新規出店競争は当分続くと見ている。

     全国に6万〜7万店舗ある個人経営の小規模スーパーの中にはコンビニへの転換を希望する店主が少なくなく、今後4〜5年間はコンビニ数が増えるとみられている。

     コンビニ業界関係者は「多くの問題があるが、まだ店舗当たりの売り上げは日本の4分の1程度に過ぎず、1〜2人世帯の増加に伴う近距離少量購買パターンの拡大などの傾向を考えると、コンビニ市場の成長は当分持続する見通し」と話した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/07/0200000000AJP20170807005000882.HTML
    【【韓国】韓国のコンビニ数 人口当たりで日本の1.5倍に】の続きを読む

    1 :Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:09:32.91 ID:CAP_USER.net
    英米紙の東京支局長を歴任した後、戦後の世界の動きを日本から見詰め続けてきたヘンリー・S・ストークス氏は『外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた』(弊社)を筆頭に数々のベストセラーを出版してきた。

     そのひとつを英訳した『英国人記者が見た連合国の歴史観の虚妄』(2016年、Hamilton Books)に対し、今年6月、国家基本問題研究所から「日本研究特別賞」が贈られた。本書はその記念出版であり、ストークス氏の最新作である。

     ストークス氏は「この五百年は白人が有色人種を支配する歴史だった」「それを打ち破ったのが大東亜戦争を戦った日本人だった」と言う。その主張はまさに日本人を覚醒させる。そして氏は思索をさらに『文明論』にまで広げ、本書で次のように喝破する。

     「神話にまでさかのぼる万世一系の天皇のもと、日本だけが他国に征服されることなく、アジアでいち早く近代化を成し遂げ、欧米の侵略を撃破した。植民地とされた国々が独立できたのは日本のおかげと言っても過言ではない」

     「中韓の反日は、この“奇蹟の国”への嫉妬である」「日本人自身が自らの悠久の文化と正しい歴史を知り、日本の特長を生かして、世界の新秩序構築に務めてほしい」

     アメリカ主導で築かれた戦後の世界情勢が大きく軋(きし)み始めている今、ストークス氏の主張はまさに正鵠(せいこく)を得たものであり、今後日本が進むべき道を考える上で、大きな指標となるに違いない。

    2017年7月22日 12時2分 産経新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13371386/
    【【文芸】<英国人記者>「中韓の反日は、この“奇蹟の国”日本への嫉妬である」】の続きを読む

    このページのトップヘ