特亜まとめサイト

韓国・中国・北朝鮮などのニュースをお届けします

    日本国内

    1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 13:58:25.67 ID:CAP_USER.net
    http://news.searchina.net/id/1639396?page=1

     2020年の五輪開催に向け、ますます世界からの注目が高まっている東京。ある外国雑誌の「生活の質が高い世界の都市ランキング」で3年連続1位を獲得したという。中国メディア・今日頭条は7日、「いったいどうして、3年連続世界一を獲得したのか」とする記事を掲載した。

     記事の作者はまず、8年前に初めて訪れたという東京の印象を紹介。清潔さや礼儀正しさ、発達しているうえ時間に正確な公共交通、アート活動が活発で、建物から家具、生活雑貨まで精巧なデザインにあふれている・・・といった点を挙げた。

     そのうえで、英国の著名なライフスタイル雑誌Monocleが毎年発表している「生活の質が高い25都市」ランキングで、東京が今年1位を獲得し、3年連続の1位となったことを伝えた。記事は「2007年に創刊し、生活分野の話題に特化してきた雑誌が発表する年に1度のランキングは、大いに参考にする価値がある。不動産が高価過ぎる都市は下位になり、文化的ムードと交通システムの充実といった要素を持つ都市が上位に来ているのだ」と説明している。

     また、このランキングにおいて過去3年間東京が1位にランクされてきた際の評価についてそれぞれ紹介。15年には「大都市で生活テンポは速いが、雰囲気は落ち着いていて静かである。現地人にも外来の観光客にも質の高い生活が提供され、しかも、非常に環境が保たれている」とされ、16年には「多彩なナイトライフに加え、交通と治安が不夜城を支えている点で1位となった。電車やバスは便利で時間に正確、羽田空港は24時間開放されている」とされた。

     そして今年は「非常に高い都市生活レべルを持っており、アートに囲まれた街である。東京の大きな魅力は、密集した建築物、豊富なグルメ、魅力的な街の景観そして時間に正確な新幹線だ」といった評価が下されたとのことだ。

     先進的な部分を持つ一方、さまざまな時代の面影を残している。政治経済の中心地であるだけでなく、芸術やファッションの情報発信地でもある。近代的な街並みと同時に、都心にも緑が残されている・・・様々な顔を持つという魅力が、東京にはあるのだ。銀座、秋葉原、浅草を巡ったら東京はもう終わり、というのは、あまりにもったいない。
    【【今日頭条】日本の首都・東京はどうして「世界一生活の質が高い都市」に3年連続で選ばれたのか?】の続きを読む

    1 :水星虫 ★ 2017/07/09(日) 16:44:04.33 ID:CAP_USER9.net
    韓国企業が妙高市にリゾート施設

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1034996901.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    韓国でホテルを経営する企業の子会社が、現在営業を休止している妙高市のスキー場を改修し、
    ことし12月に大規模な複合リゾート施設をオープンすることになりました。

    妙高市のスキー場「新井リゾート」は、平成18年に経営破綻し、営業を休止していましたが、
    韓国でホテルを経営する「ホテルロッテ」の子会社が大規模な改修をして、
    ことし12月に複合リゾート施設として11年ぶりにオープンすることになりました。

    子会社によりますと、施設の名前は「ロッテアライリゾート」で、
    高低差950メートル余りのスキー場には、初心者から上級者向けまで楽しめる
    11のコースが設けられています。

    雪のない時期でも、木々の間に張られたワイヤーに滑車をかけて滑り降りるなど、
    4つの遊びで自然を満喫できるということです。

    このほか、新たに掘削した源泉を使った温泉施設や客室数250余りのホテルも併設され、
    来年開催されるピョンチャンオリンピックを前に、スキーへの関心が高まる韓国や
    世界各国からの観光客を呼び込みたいとしています。

    施設の運営を行う会社は
    「地域と共存するアジア最高のプレミアムマウンテンリゾートを目指す」
    としています。

    07/09 10:50
    【韓国企業が妙高市に大規模複合リゾート施設 平成18年に経営破綻したスキー場を改修 12月open】の続きを読む

    1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/08(土) 22:19:07.76 ID:CAP_USER.net
     〈宮城〉韓国で大人気のかき氷を扱ったコリアンデザートカフェ「ソルビン(SULBING)」が7日、エスパル仙台(仙台市青葉区)にオープンした。東京・原宿、福岡・天神に次いで3店目の出店で、早朝から行列ができた。

     「ソルビン」は餅やきな粉など、韓国で古くから親しまれてきた菓子を、パウダースノーのようなミルクかき氷にトッピングして現代風にアレンジしたデザート。メロンやイチゴなど旬のフルーツをたっぷり乗せている。

     見た目も華やかで韓国ではかき氷ブームを巻き起こし、日本でも若者らの人気を集めている。

     一番人気は「きな粉餅ソルビン」。オープン記念メニューとしていちごと大福をトッピングした「生いちごソルビン」が期間限定で発売される。

     運営元のエンポリオの鈴木一郎社長は「飽きさせない味でどなたでも楽しめる。仙台、東北の皆さんにぜひ魅力を知ってもらいたい」と話す。

     午前7時半から並んだという仙台市の高校生、大内駿さん(15)は「ツイッターで見て食べてみたいと思った。仙台でできるのを楽しみにしていた」と笑顔で話した。

    http://www.sankei.com/region/news/170708/rgn1707080065-n1.html
    【【宮城】韓国の人気かき氷、仙台に東北初出店 早朝から行列】の続きを読む

    1 :サンキュー! ★ 2017/07/07(金) 19:15:20.38 ID:CAP_USER9.net
    東京都議選で、地域政党「都民ファーストの会」を率いて圧勝した小池百合子都知事に対し、韓国メディアが複雑な報道を続けている。韓国と安倍晋三首相は距離があるためか「ポスト安倍」と注目する一方、「極右」などとレッテルを貼って警戒しているのだ。どういう背景なのか。

     「小池知事はポスト安倍になるだろうか」

     左派系の「ハンギョレ紙」(日本語電子版)は3日、こんなタイトルの記事を流した。小池氏がかつて自民党総裁選に出馬したことなどを踏まえ、「首相の座」に挑戦する2つのシナリオとして、(1)小池新党を中央政党(国政政党)に変貌させる(2)自民党との連帯−などと解説した。

     保守系の「中央日報」(同)も同日、小池氏が「安倍1強」を崩す対抗馬に浮上したとして、彼女の経歴を紹介しながら、「政治家に必要な度胸と決断力、情報力(を持つ)」「政界渡り鳥」などと指摘している。

     自民党が都議選で23議席と歴史的惨敗を喫したことを受け、韓国メディアの多くは、安倍首相の政治力に衰えが見えることを歓喜するかのように報じている。だが、小池氏を注目しながら、絶賛するわけでもない。

     前出の2紙は政治的傾向は異なる。だが、小池氏について一致しているのは「極右志向の政治家だ」(ハンギョレ紙)、「安倍首相よりもさらに右に偏っているといっても過言ではない」(中央日報)という評価だ。

    ハンギョレ紙は「2003年の毎日新聞のインタビューで、日本の核武装に関する質問に『国際情勢によっては検討する』とし(た)」と指摘。中央日報は「靖国神社を参拝」「米国議会が『慰安婦決議案』を採択できないように米国でロビー活動を行った」などと並べた。

     日本の感覚では「小池氏=保守系政治家」だが、どうして突出した「極右」というレッテルを貼るのか? 小池氏は知事就任後、新宿区の都有地を韓国人学校に貸し出すとした舛添要一前都知事の方針を白紙撤回したが、恨みにでも思っているのか?

     韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「韓国にとって、日本の安全保障の整備を主張する人はすべて『極右』となる。ただ、韓国メディアから『極右』と名指しされた日本人は、日本の感覚では良識派だ。反対に、韓国で絶賛される日本人は左巻きで、売国的言動をしている人物が多い。小池氏とすれば、韓国に『極右』と呼ばれたことは名誉だ」という。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170706/soc1707060009-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170706/soc1707060009-n2.html
    【【韓国】 韓国メディア報道 小池知事は「極右」のポスト安倍】の続きを読む

    1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 20:09:51.88 ID:CAP_USER.net
    偶然なのか 内閣支持率と北ミサイル発射に“あうんの呼吸”


    実は裏でつながっているのではないか――。
    4日午前10時ごろ、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本海の排他的経済水域に落下した。
    それから約5時間後、北朝鮮は「特別重大報道」としてICBMの発射実験に成功した、と発表した。

    が、これは偶然なのか。過去、北朝鮮がミサイルをブッ放すタイミングを時系列で追ってみると不思議なことが見えてくる。
    安倍政権に不都合が生じると、それを揉み消すように北朝鮮がミサイルを撃ってくれるのだ。

    2017年1月から今日に至るまで北朝鮮は計10回13発の弾道ミサイルを発射しているわけだが、
    どれも安倍内閣の支持率が低下した月にブッ放している。唯一6月は例外だが、ICBM開発が最終段階を迎えていたからか。

    もはや安倍首相と金正恩の間に“ホットライン”があるのでは? と勘繰りたくなる。
    悪い冗談であって欲しいが……果たして。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208885
    【【日刊ゲンダイ】 安倍首相と金正恩は裏でつながっているのではないか】の続きを読む

    このページのトップヘ